料金

Price

木造構造計算の料金は、建築物の規模や用途、構造の複雑さ、計算に必要なデータの量、検査機関への手続きなどによって異なります。
一般的には、数十万円から数百万円程度が相 場となっています。弊社の場合、15万(税抜き)でご案内しております。

構造計算が必要となるケース

Case - 01建築基準法に基づく届出建築物の場合

建築物の敷地面積や高さ、構造材料や構造形式などの条件を満たすためには、構造計算が必要となります。

Case - 02改修工事の場合

建物の構造や荷重が変化する場合には、改修前後の安全性を確保するために構造計算が必要となります。

Case - 03新築工事の場合

建物の構造材料や形式が木造の場合、3階建て以下であっても構造計算が必要となります。

Case - 04耐震性の向上のための工事の場合

建物の耐震性を向上するための工事においては、現在の構造が基準を満たしているかどうかを確認するために構造計算が必要となります。

Merit

構造計算のメリット

Merit - 01建物の安全性の確保

構造計算により、建物の耐荷力、耐震性、耐風性などの安全性を確保することができます。

Merit - 02コスト削減

構造計算により、適切な構造材料や構造形式を選定することで、コストを削減することができます。

Merit - 03設計自由度の拡大

構造計算により、より複雑な構造の建物や、より高層の建物なども設計可能となります。

構造計算は、建物の安全性や耐久性を確保するために非常に重要な作業です。
適切な構造計算を行うことで、建物の長寿命化や、万が一の災害に対する安全性向上につながります。