事業内容

Service

木造構造計算

木造構造計算とは

木造構造計算とは、木造建築物の構造計算を行うことです。
建築物の安全性や耐久性を確保するために、正確かつ丁寧な計算を行い、最適な構造を設計することが求められます。

木造構造計算には、建築基準法や建築技術基準に基づいて、梁や柱、壁、床などの構造物の耐荷力を計算します。その際には、建物の重量、地盤の種類、風速、積雪量、耐震性などを考慮し、設計図面やスケッチを確認して、構造計算に必要なデータを収集します。

Wooden structure calculation

仕事内容

寺谷一級建築士事務所では、建築物の安全性や耐久性を確保するために、正確かつ丁寧な計算を行い、最適な構造を設計しています。

構造計算には、建築基準法や建築技術基準に基づいて、梁や柱、壁、床などの構造物の耐荷力を計算します。その際には、設計図面やスケッチを確認して、構造計算に必要なデータを収集し、CADソフトウェアや専用の構造解析ソフトウェアを使って、荷重や応力などの計算を行います。

また、計算結果を詳細に分析し、問題があれば改善策を考えます。完成した構造物が安全で、規制に適合しているかを確認し、設計図面に必要な記載事項を追加します。

当社、技術力と経験を備えたスタッフが、多くのお客様から高い評価を頂いております。お客様の要望やニーズに合わせた最適な構造を設計し、お客様の信頼に応えることをお約束します。

木造構造計算は3階までになります。

一般的に、木造構造の建築物においては3階までが制限とされています。
これは、木造構造の強度や耐久性に関する規定に基づいたものであり、
4階以上の建築物については鉄筋コンクリート構造や鉄骨構造などの使用が求められます。
ただし、建築物の用途や地域の風土などによっては、特例的に4階以上の木造建築物が認められる場合もあります。

対応検査機関

民間検査機関のみ

工事現場エリア

京都市・亀岡市・向日市・長岡京市・宇治市・
城陽市・久御山町・大津市・高島市・草津市